兵庫県の不動産事情について

兵庫県の不動産事情について

近年大きなニュースとなったリーマンショックですが、以来、全国的に土地価格は下落していることはみなさんもご存知の事と思います。

兵庫県も同じく、リーマンショックの影響を受け土地価格は下がっているようです。

そもそも兵庫県は、人口約550万人で全国第7位、県内総生産も全国7位となっており、近畿地方では大阪に継ぐ2位の座に位置しています。

このように、経済活動が活発であると不動産の取引にも活気が見られるそうですよ。

そんな兵庫県の平均土地価格は全国で7位となっており、神戸の中央区が土地価格を引き上げてくれているのだとか。

因みに有名な高級住宅街の芦屋は98万円/坪、中央区は165万円/坪となっています。

神戸や芦屋などの価格の高い地域は、2005年頃から急激に上昇しており更なるアップも期待できるそう。

不動産の取引状況はここのところほぼ変化なく、土地の取引件数も、一戸建ての取引件数も横ばい状態なようです。

マンションの取引件数はわずかですが伸びてきており、古い物件の方が取引きが活発なんだそう。

北野エリアのヴィンテージマンション

神戸の人気観光スポットの一つに北野エリアがあります。

神戸港から来た外国人の旧宅が点在しており、異国情緒あふれる街並みが魅力的です。

異人館や美術館、落ち着いた雰囲気のお店が多く、しっとりとした大人な街を楽しむことができます。

また、新幹線も停まる新神戸駅の後ろには六甲山がすぐそこにあり、自然にも近くいところも魅力の一つ。

まさに、海も山も感じられるエリアが北野なのです。

そんな北野エリアの不動産は、昔多くの異人館が建てられていたこともあり、外国人用ヴィンテージマンションが数多くあります。

以前は手の届かない高額物件だったヴィンテージマンションが、近年ではだいぶお手頃になったそう。

坂をのぼって行くと、山の気持ち良い空気も感じられてリフレッシュにはもってこいですね。

神戸の不動産の会社

神戸の街へのアクセスも良く、北野からは遊ぶにも、仕事場へも歩いて行けるほど充実しています。

生活するには魅力的すぎませんか。

様々な日々が送れる不動産をお探しの方、お洒落な街「北野」ぜひオススメです。